当日はあいにくの雨天でしたが、50名以上の方にご来場いただきました。
名古屋や京都からおこし頂いた方もいらっしゃいました。
国慶節のため、普段は中国で会社を経営されている方の参加も多かったです。

セミナーでは、中国での務や法制度に詳しい
小嶋税務会計事務所 代表税理士の小嶋 大志氏に講演頂きました。
中国でビジネスを行う上で最低限知っておくべき内容にターゲットを絞り、
短時間で簡単にポイントをお伝えさせて頂きました。







【当日のプログラム】
1.中国税制の概略 
2.企業所得税の概略と日本の法人税との違い
3.増値税の概略
4.営業税の概略
5.個人所得税と183日ルール
6.知らないでは済まされないPE課税 
7.日本の親会社と中国子会社をめぐる諸問題と対策 



小嶋税務会計事務所 代表
税理士 小嶋 大志 氏
小嶋 大志 氏のコラムはこちらから
一橋大学商学部卒業後、丸紅株式会社にて中国を中心とした貿易業務に従事。その後、西山会計事務所にて法人・個人の決算申告、相続税申告、株式の評 価など担当。みらいコンサルティング株式会社・税理士法人みらいコンサルティング(旧中央青山PwCコンサルティング株式会社)国際ビジネス部部長を経て 2010年1月より現職。

【執筆実績】2009年11月「外国人の雇用・研修における課税関係」日中経協ジャーナル/他2006年より多数。
【講演実績】2009年12月 「中国税制の概要および中国子会社との課税問題」主催:SMBCコンサルティング 開催地:東京・大阪/他2007年から10回以上
【掲載実績】日中経済ジャーナルへの執筆




講演後、講師の前には名刺交換の列が絶えませんでした。


sub menu

 月刊人事マネジメント連載
 過去主催セミナー
 中国人でビジネス展開する際に最低限知っておくべき「中国税務と法制度」
 中国人ビジネスマンと上手に付き合い中国ビジネスを成功させる方法
 中国ビジネス トーク&交流会
 ネットでも始められる中国ビジネスの掟
 実践!中国市場攻略セミナー
 日中環境ビジネス講演会
 第3回日中ビジネス講演会
 北京オリンピック後の新しい中国…
 伸びる企業、捨てられる企業
 次代を担う若者に告ぐ